5月のあらかわ遊園地通りマルシェ ~ 南三陸の産物も登場!

この記事は約1分で読めます。
いつ:
2018年5月27日 @ 10:00 AM – 4:00 PM
2018-05-27T10:00:00+09:00
2018-05-27T16:00:00+09:00
どこで:
あらかわ遊園スポーツハウス前 & いずみや前
日本、〒116-0011 東京都荒川区西尾久8丁目3−1
料金:
無料
連絡先:
遊園地通り商興会
080-3573-9795 (山岸)
あらかわ遊園地通りマルシェ 5月27日

(提供:遊園地通り商興会)

5月の「あらかわ遊園地通りマルシェ」は、南三陸より、穫れたての海産物なども登場!
現地の復興支援に取り組む劇団「ごきげん一家」が「おうちごはん いずみや」で同日開催する復興支援演劇のイベントにあわせ、南三陸の産物を販売します。

また、今回は、荒川区で馬をテーマにしたカフェを準備中の「うまステ」の皆さんも新規に出店。
荒川区の皆さまへのお近づきにと、まるしぇでは、焼菓子工房Atelier nさんの提供による「尾久の赤れんが」などをテーマにしたクッキーのセットを販売します。

うまステさんからのメッセージです。
「現在、都内唯一の路面電車として運行され、地元に親しまれている都電荒川線の前身は、明治15年に開通した東京馬車鉄道会社であり、また、大正から昭和にかけては、ここ尾久でも、田畑を耕したり、荷物を運搬したり、馬は人々の暮らしに欠かせない身近な存在でもありました。最近の研究では、大型哺乳動物と身近に接することで、緊張した人の心が落ち着きを取り戻す効果に注目が集まっています。急速に近代化する街に住む人々は、身近にいる大きくて暖かい動物たちに、一時の安らぎを感じていたはずです。そんな当時の馬と人の関わりに想いを馳せ、「馬車」を運行したいと思います。」

都電沿いに馬のある光景を復活させ、開業当時の「あらかわ遊園」の雰囲気を再現したいと意気込む「うまステ」さん。楽しみですね。

馬が荒川区を行き交う日がやってくるのか?(※今回のマルシェでは馬は登場しません)

以下、今回の出店予定店舗となります。

  • おうちごはん いずみや(食堂)
  • ㈱クロスナチュール(野菜・加工品)
  • 小林眼鏡店(眼鏡類の販売)
  • 花 キャン・モア(生花・鉢植え)
  • シナリーホワイトウイング営業所(自然派化粧品)
  • 山内商店(手作りところてん、自家製あんみつ)
  • 新潟県柏崎市(文化交流)(魚・加工品の販売)
  • 荒川商業高校(レガロ工房)
  • 洋菓子セキヤ(洋菓子)
  • うまステ(焼き菓子)
  • ごきげん一家(南三陸復興支援)

日差しも大分、夏を感じさせるものとなってきましたが、まだまだ爽やかな5月の陽気。
新鮮な産直野菜に、南三陸の海の幸。季節の採れたて・獲れたてを探しにいきましょ♪

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です