荒川ラーメン紀行:中華そば 虎桜

161104-060

お待たせしました。

ひさしぶりの荒川ラーメン紀行は町屋2丁目駅近く都電沿いにあるラーメン虎桜。2015年9月オープンの新しい店ですが、地元で圧倒的に支持されている注目すべき店です。

ラーメン業界の最高権威とも言われているTRYラーメン大賞に入賞しました。

虎桜 ワンタン中華そば黒だし
ワンタン中華そば黒だし(920円)

ゲンコツ、背ガラ、大山鶏をじっくり煮込んでとった動物スープと椎茸のみを使用した魚貝類不使用のラーメンです。生姜がきいていてあっさり飲めるスープなのに深いコクが味わえます。麺は細麺。

豚チャーシューと鶏チャーシューは燻製で風味づけされていてます。

虎桜 ワンタン中華そば白だし(920円)
ワンタン中華そば白だし(920円)

こちらはTRYラーメン大賞、新人MIX部門で5位に入賞したラーメンです。

kai

動物系スープのみの黒に対して白は2種類の魚貝を使ったスープと動物系のWスープ、異なるアプローチですがこちらもあっさり飲めるスープ。店のポリシーが垣間見れる一品です。

エビやひき肉が入ったワンタンのぷるんとした食感もたまりません。こちらも細麺です。

choumiryou

数種類ある調味料でいろいろな味を楽しむことができます。

しびれラー油は強い個性的な味だが意外にもスープに合います。ただ入れすぎると本当に痺れるのでバランスに注意したい。

161104-067

荒川区で生まれ育った店主の室井さんは、麺屋武蔵 厳虎で修業した後、この街に貢献できることをしたかったという理由から町屋に店をオープンしたそうです。

テーブル席がありスペースもあるのでお子様づれやベビーカーを利用のお客様も訪れます。

子供が苦手な生姜やゆずを別に提供、子供用に別スープを提供(つけそば)など気遣いの素晴らしい店です。

161104-064

厨房に1通の手紙がありました。

常連の一家が、夜営業していない日と定休日に来店されたそうです。そのお子さんが2日連続で店が閉まっているのを店が潰れたと勘違いして「大好きなのでやめないでください」と書いてくれた手紙です。店主の室井さんはその手紙を大切にしています。

新しい店ですが街の人たちに愛されているのです。

161104-070

「末長く美味しいラーメンを提供できるようにこれからも頑張っていきますのでよろしくおねがいします」と室井さん。

こだわりの一杯をぜひ食べてみてください。

虎桜 外観


<店舗データ>

  • 店名:中華そば 虎桜
  • 住所:東京都荒川区荒川6-20-12 岸ハイツ1階
  • 電話番号:03-6240-8310
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は昼のみ営業)
  • 営業時間:11時から14時半、17時半から22時
  • FacebookTwitter

※テーブル席があるのでベビーカーでの来店も可能です

※荒川102の取材情報は地図からも探せます。ぜひご活用ください。>>> 「荒川102取材マップ」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です