目指せ新名物!こってり「東京味噌とんかつ」ふじっ家@ジョイフル三ノ輪

ジョイフル三ノ輪 ふじっ家
ジョイフル三ノ輪 ふじっ家

ジョイフル三ノ輪と言えば、都電荒川線三ノ輪橋駅から荒川一中前駅へと続く長い商店街で三ノ輪のランドマーク的な存在ですよね。
そんなジョイフル三ノ輪のアーケードの下、荒川一中前駅寄りの一角に2014年にオープンしたとんかつ屋を知っていますか?
古くから続くお店が多いジョイフル三ノ輪ではまだまだ比較的新しいお店。
これまでのとんかつ屋と一線を画す新メニューを続々と考案しているご主人に話を聞いてきました。

自家製東京味噌ロースかつ
自家製東京味噌ロースかつ

看板メニューの自家製東京味噌ロースかつです。
味噌カツといえば名古屋名物で、八丁味噌が使われていますよね。
しかしふじっ家の味噌は赤味噌と白味噌をブレンドし、玉ねぎ、生姜、ひき肉を混ぜて煮込んだ独自の物。
東京に住んでる人の舌に合わせたとっておきです。
食べ方もまずはそのままパクリ。
次にマスタードをつけて食べる。
その次はマヨネーズ、さらにその両方をつけて食べるとどんどん味が変わります。
学生時代にとんかつ屋でアルバイトしていた頃から作ってきた味噌をオープンに際して完成させた想いのこもった味噌。
そんなの美味いに決まってますよね。

ふじっ家のご主人、藤澤幸輝さん。
実は千代の富士関と親戚だという ふじっ家のご主人、藤澤幸輝さん。面影ありますね!

専門学校を卒業後、日本料理を覚える為に湯河原の旅館に勤め、その後は、フレンチ料理、無国籍料理店で勤務。
現在の場所を借り、店舗を自分で改装中に近所の方々に、呼ばれる様になったのが店名になったそうです。
色々な人にあって、たくさんのことを吸収したいという藤澤さん。
お客様との距離が近いカウンターがそのスタイルにあっているように思えます。

みぞれとんかつ
みぞれとんかつ

とんかつの命はサクサクの衣。
まさかその衣を出汁に浸けてしまうなんて。
みぞれとんかつという名前から、大根おろしがかかっていてポン酢で食べるイメージがありましたが全然違ってました!
しっかり出汁に沈んだとんかつにたっぷりの大根おろしとネギ。
山菜もたっぷり入っているのですが、これをうまく表現する料理名がありません。
旨味がたっぷり染みた汁はそのままご飯にかけて食べても美味しいです。

チーズロースかつ
チーズロースかつ

ありえないくらいたっぷりチーズの入ったチーズロースかつ。
衣の内側には1cm近いチーズの層があります。
一度揚げた後、さらにオーブンで焼き上げ衣はザクザク、チーズはトロトロ。
お酒のつまみにもなりそうな濃いめの味です。

料理名からは想像できないとんかつ達。
他にも大きな大きな柳川鍋で提供される柳川とんかつなんてものまであります。
金曜土曜のみ営業している夜には週替わりのおつまみや串カツも気になりますねー。

とんかつは庶民の食べ物。高い銘柄にこだわらず、その時食べて美味しい肉を使います。
だからと言って余所と同じでは面白くないと工夫をこらす藤澤さん。
ぜひ一度気軽に食べてに行ってもらいたいお店です。


<店舗情報>

  • 店名:ふじっ家
  • 営業時間:『月曜日~木曜日』11:00~15:00『金曜日・土曜日』11:00~14:00 17:30~22:30
  • 定休日:日曜日
  • 住所:東京都荒川区南千住1-22-9
  • 電話:03-6806-7735

※荒川102の取材情報は地図からも探せます。ぜひご活用ください。>>> 「荒川102取材マップ」

※荒川102へのお問合せ・取材の依頼・イベントカレンダーへの掲載希望などは、「掲載依頼・お問合せ」内の問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。

※荒川102の取材情報は地図からも探せます。ぜひご活用ください。>>> 「荒川102取材マップ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です