和食も洋食も逸品ぞろい!炭火焼きと純米酒「さとうともや」

さとうともや 外観
炭火焼きと純米酒、さとうともや

尾竹橋通りと日暮里中央通りの交差点から鶯谷方面へ少し進んだあたり。
前から気になっていたお店がありました。その名も「さとうともや」。
2016年6月にオープンして、まだ1年経っていないお店です。
周りは焼肉屋が多い一角ですが、どんなお店なんでしょうね。

さとうともや ご主人の佐藤知也さん
ご主人の佐藤知也さん

こちらがご主人の「さとうともや」さん。漢字では「佐藤知也」と書きます。
埼玉県のご出身で和食と洋食、それぞれ10年ほど修行した後、独立されたそうです。
元々炭火焼きのお店をやりたかったところ、排煙設備の整ったこちらの店舗を紹介されたのだとか。
以前の店舗はやはり焼肉店だったのでしょう。

さとうともや - 人気メニュー、季節のメニューは壁に貼ってあります。
人気メニュー、季節のメニューは壁に貼ってあります。

定番のメニューの他に、季節のメニューや人気メニューは壁に貼ってあります。手書きのイラストが可愛い。
和食メニューの中にシーフードグラタンが並び和洋折衷で面白いですね。
白ごま豆腐は来店されたお客様が一人一つずつ注文されるほど人気だそうです。

さとうともや - ももむね合盛り、シーフードグラタン、シーザーサラダ
ももむね合盛り、シーフードグラタン、シーザーサラダ

特に人気だという三品というのがこちら。

こだわりの朝採れの新鮮野菜を使ったシーザーサラダ。
ハモンセラーノとシャキシャキ野菜の相性が抜群です。

野菜が新鮮なら鶏肉だって新鮮!
ご店主がこだわった炭火焼きのももむね合盛りは、両方食べたい欲張りさんに人気。
名前とお店の雰囲気からすると串で出てきそうな感じがありますが、こうやって一枚肉で出てくると迫力があって嬉しいですね。

二品目は洋食時代に培った腕が光るシーフードグラタン。
付け合せの食パンは近所の飯田屋パン店のものだとか。
女性のお客様に人気です。
季節限定メニューで春にはカレーになるそうなので、気になる方はお早めに。

化学調味料は使わず健康に配慮したこだわりと工夫のメニューの数々は気になるものばかり。
今回はご紹介できませんでしたが、お魚も松前から直送のものを用意されてます。

さとうともや - 酒蔵から直送の鶴の友
酒蔵から直送の鶴の友をワイングラスで

もう一つのこだわりは常時60種類以上揃えているという日本酒。
この辺では最大級でしょうか。きっとお気に入りの日本酒が見つかるはずです。
特にこの鶴の友は新潟の酒蔵まで行って、直接送ってもらうようにしたのだとか。
キリッとした切れ味のある辛口日本酒です。

さとうともや - ご主人の佐藤知也さんと奥様の理恵さん
ご主人の佐藤知也さんと奥様の理恵さん

お店はご主人と奥様の理恵さん、二人三脚で切り盛り。
外観は新しく綺麗なのでちょっと敷居が高く感じられるかもしれませんが、実際にはお手頃価格で気楽に入れるお店。
アットホームの中にもご主人のこだわりを感じられるお店です。


<店舗情報>

※荒川102の取材情報は地図からも探せます。ぜひご活用ください。>>> 「荒川102取材マップ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です