マルシェ・ライブだ ~「いずみやマルシェ」始まるよ。(第1回 10月22日)

あらかわ遊園前、おうちごはん「いずみや」が仕掛けるイベントの2つ目。それは街かどマルシェならぬ店前マルシェ。名付けて「いずみやマルシェ」。

おうちごはんのコンセプトをかかげるいずみや。
ベースとなるこだわりのお米、お味噌、漬物の3点。それに地元で長年愛されてきたお惣菜を付けた定食は、どれもエネルギーの湧くような食事ばかり。
作りたての「自宅でつくれるご飯を食べられるお店」を提供したいという店主の山岸さんの想いが詰まっています。

そんなお店が、安心・安全なオーガニック野菜のマルシェをやるのはある意味自然な流れともいえますが、おうちごはん屋さんならではの、少し異なった部分もあるようです。

「来ていただいた方には野菜そのものを見てもらうのはもちろんなんですが、その野菜を実際に育てたり、取ってきたりしている人と直に触れ合っていただくことで、本来の直送、直売というライブ体験をしていただきたいんです。あちこちで◯◯マルシェが実施されていますが、「いずみやマルシェ」では、ただ色々な野菜を並べてマルシェです、というのでなく、本当に市場へ行って買い物したり、買ったものを持ち込んでその場で食べたり。そんなミニ体験ができるようなものにしていきたいと思ってます。」(山岸さん)

ただ買うだけじゃなくて、生産者の方と話をしたり、その場でいずみやで調理してもらうことも出来る。これは新しいですね。

「野菜の調理方法は、素材の良さと美味しさを感じてもらいたいので、焼く、炒める、煮る、蒸すなど、極力シンプルな手法でいきます。」(山岸さん)

野菜そのものの良さが、お惣菜屋の伝統を組むお店でどう活かされるのか、興味あります。
これはぜひ野菜を持ち込んで、どんな風に生まれ変わるのか、料理してもらいたいですね!

いずみやでは普段からオーガニック野菜を使った料理も提供しています。

 

当日野菜を販売するのは、株式会社クロナチュールの黒須さん。

化粧品メーカーで商品企画などの仕事をされた後、埼玉県の実家の農家を手伝いつつ、後継者難、経営難によって衰退していく都市近郊農業の状況に課題を感じ、自ら農産物の生産・販売サポートを行う事業を開始しました。現在では全国の農家とつながり、生産支援や、都内でのマルシェ、通販などを通じた販売支援を行っています。

「今回のマルシェでは、かぼちゃ、冬瓜、じゃがいも、玉ねぎ、里芋、◎米(新米)、小松菜、椎茸、有機みかん、などの野菜を販売する他、天然はちみつなども販売予定です。安心・安全をキーワードに大切に育てられた野菜たちは、無農薬、有機栽培で生産しています。肥料は落ち葉などの堆肥が中心です。農薬、防腐剤は使用しておりません。在来種と呼ばれるF1種ではなく、郷土に適した野菜を種から育てる生産や、オーガニック認証以上の価値のある野菜の生産もおこなっています。」(黒須さん)

とのことで、自然派志向のお客様から好評のようですよ。

今回、「こだわりたまご」の販売もあるようです。どんな卵なんでしょうね?
「宮城県、「花兄園」の玉子は飼料に添加剤など使用せず、国内産玄米など栄養価の高い自然の飼料を与えて育った鶏の玉子になります。味にコクと風味があります。」(黒須さん)

卵ご飯好きの私としては、コク・風味、と言われれば試すしかありません(笑)。たまごもぜひ頂きたいですね。

 

今回は、あらかわ遊園地通り商興会から寒天・ところてん製造の山内商店さんも出店されます。
「製造、直売という意味では同じことです。ところてんなんかは、お客さんに自分で突いて、食べたりしてもらいたいです。」(山岸さん)

山内商店のところ天。昔ながらの製法が守られています。

なるほど、お話から、ライブ感を大事にしたい、というイメージが伝わってきました。
いずみやの前に、どんなマルシェが展開するんでしょう。

第1回の開催は10月22日(日)。朝はやいうちから都電に乗って、あらかわ遊園地前まで、製造、直売、即料理。そのマルシェ・ライブを楽しみにいってみましょうか。

 

<イベント情報詳細>

イベント名称:いずみやマルシェ

  • 日時:2017年10月22日(日)10時〜15時
  • 会場:おうちごはん「いずみや」
  • 住所:荒川区西尾久6-30-9
  • 主催:おうちごはん「いずみや」、株式会社クロナチュール、山内商店
  • 電話:03-3894-4226

※荒川102の取材情報は地図からも探せます。ぜひご活用ください。>>> 「荒川102取材マップ」

(荒川102スポンサード記事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です