サイクリストのためのトレーニングジムとカフェ、三ノ輪橋にオープン(後編)

2017年11月、三ノ輪橋駅近くにオープンしたサイクリストのためのジムとカフェ「シテック&カフェ ガリビエ」。
前編ではサイクリストのためのトレーニングジム「シテック」を紹介しました。
後編ではシテックの2階にあるカフェ ガリビエをクローズアップしてみたいと思います。

ジムの横にある階段を上ると意外にも広い空間です。ソファー席、テーブル席、カウンター席とそれぞれのスタイルでくつろげます。
大画面テレビでは自転車レースの映像が流れています。
エレベーターと広い通路があるので高齢者や車椅子でも利用できるのも魅力の一つです。

店名のガリビエというのはサイクリストならピンと来るでしょう。
ツールドフランスのアルプス越えステージで登場する難所です。
カフェは会員だけでなく一般の人も利用することができ、ジムと併設のカフェなので健康に気を使った料理が自慢です。

料理の腕を振るうのはオーストラリア人シェフのブラッドリーさん。
17歳から料理を学び、日本に来て23年。
名古屋、札幌などのホテルのレストランで料理を作ってきました。
この店のオープンに合わせヘルシーなライフスタイルに合わせた料理を作りました。
できるだけ手作りにこだわっています。

人気料理のガリビエバーガー(1,000円)はボリュームたっぷりで男性でも満足できる大きさです。
店内で焼いたバンズは食感や栄養のことを考え全粒粉を使っています。
100%ビーフのパテ。厚切りのグリルドオニオンは香ばしく甘いです。
温泉卵から作るレムラードソースも自作、付け合わせのフライドポテトは冷凍ではない北海道産じゃがいもから作るこだわりに驚きます。

スムージー(6種、400円~600円)はブルーベリーやバナナなどのフルーツとヨーグルト、ミルク、はちみつなどが入っていて気分やコンディションによって選べるのがうれしいです。

ステーキと聞いて「ヘルシー?」というイメージがありますが牛肉はけっこうヘルシーなんです。
ペッパーステーキとマッシュルームのグリルロースト(1,200円)はオーストラリアの牛肉をバターで焼き、多くの野菜と玄米と一緒に食べることにより各栄養素をバランスよく取ることができます。

全粒粉、黒糖を使ったブラウニーや季節の素材を活かしたケーキ、タルトもオススメです。
ヘルシーでありながらしっかり美味しいので女性にも人気です。
飲み物はコーヒー、紅茶、ソフトドリンクと充実しています。

屋上でバーベキューなどのイベントも開催されるのでSNSなどでチェック。

男性でも満足な美味しいランチ。ケーキを食べながらくつろぐカフェタイム。
仕事帰りにトレーニングして一杯飲む。サイクリングの打ち上げに、などいろいろなシーンで楽しめる店です。

<店舗情報>

外国語(英語)メニュー完備、オーナーもシェフも外国人のため、英語、ドイツ語、フランス語での対応も可能です。
ウェブサイト(https://cittec.owst.jp/)上には、中国語(繁体字、簡体字)とハングル語のメニューもございます。
店内Free Wifi、電源完備。

障碍者のお客様対応:エレベーターあり、通路も広くテーブル席で飲食可能
子供連れのお客様対応:子供連れ歓迎致します。建物内にエレベータがあり、ベビーカーのまま利用できます。

※荒川102へのお問合せ・取材の依頼・イベントカレンダーへの掲載希望などは、「掲載依頼・お問合せ」内の問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。

※荒川102の取材情報は地図からも探せます。ぜひご活用ください。>>> 「荒川102取材マップ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です