【2019あらかわ逸品特集】⑧三つの味のなべ焼きトリオ(美加志屋そば店)

美加志屋そば店は、南千住駅から三ノ輪へと続く南千住仲通り商店会の真ん中辺りにある自家製そばのお店。
昭和24年に現在の地に店を構え、現在は三代目となります。

店主が長年工夫を重ねて完成させた二八そばは、本格木鉢練りにより、そば本来のコシを引き出しています。
自慢のそばつゆも自家製の独自のブレンドで完成させたものを提供しており、そばだけでなく、丼物などにも蕎麦店ならではのベースとして使用しています。

2019年、美加志屋が逸品としてオススメするのは、3種類の味が楽しめるなべ焼きうどん「なべ焼トリオ」。
日本そば屋でもバラエティ豊かな楽しいメニューを楽しんでいただきたいという思いで開発し、日本そば屋の出汁つゆをベースに様々なテイストを実現しました。うどんの麺も自家製となります。

今回開発したのはごま豆乳をベースにした「和風」、トマト鍋をベースにした「イタリアン」、キムチ鍋をベースにした「韓国風」の3つのなべ焼きうどん。
3種類の素材の良さを日本そば屋の出汁つゆで引き出すための工夫を重ねています。
女性でも楽しんで食べていただける、楽しいメニューです。

<2019 逸品お披露目会での参加者評価>


自分用に欲しい:7.3点/10.0点満点
オススメしたい:7.7点/10.0点満点

「麺は煮込んでも崩れず美味しかった。韓国風のエビのプリプリが嬉しい。」
「地元の豆乳、うどんを用いているのが良い」
「トマトとチーズが和のものに良く合っているのが意外だった。」

2019あらかわ逸品特集 関連記事


<店舗基本情報>


※荒川102へのお問合せ・取材の依頼・イベントカレンダーへの掲載希望などは、「掲載依頼・お問合せ」内の問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。

※荒川102の取材情報は地図からも探せます。ぜひご活用ください。>>> 「荒川102取材マップ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です